風来坊@真幸福知

出雲市 福知寺 行事ご案内 坐禅会 日記 テクノロジー English Zazen session technology Korean 한국어 참선 묵조선 텍놀로지

2018/12/25 Wirtanen彗星その他

山陰は今日だけ晴れで明日からしばらく雨や雪.

今日の月は20時頃昇るらしく, 暗い星空は宵の口のちょっとだけだが, 性懲りもなくWirtanen彗星の位置など確認して撮影に. 最近中古で入手したFujifilm X-E2 (ミラーレスAPS-CカメラでHα(水素原子が励起して出す, 大きな散光星雲の光)が多少よく写るらしいというウワサ)に何故か昔からあって望遠鏡として使っていたNikkonの望遠レンズ200mmF4をつけて試す. 35mmカメラよりセンサが小さいので300mm望遠と同じくらいの画角になる.

<Wirtanen彗星 2018/12/25 19:44-48: Fujifilm X-E2, Nikkor 200mm F4開放, 20秒露出を10枚くらいスタック>

f:id:cheonghongsa:20181226093759j:plain
右上のでかく写ってる星はぎょしゃ座のカペラ. 彗星は左下の緑色のボオッとしたやつ. ファインダーではカペラくらいの明るい星しか見えないので, 彗星を入れるのは撮ってみて試行錯誤.

<M45スバル>

f:id:cheonghongsa:20181226010008j:plain

<M31アンドロメダ銀河: 露出を30秒にした>

f:id:cheonghongsa:20181226010048j:plain

前にコンパクトカメラのCanon PowerShot G7Xで撮ったのと比べると解像度は格段に良いが露出が足りない感じ. 月が出てきて空が明るくなったのもある.

よく見ると星が多少細長くなっているのは手動ガイドの限界かTT... 雲と時間との闘いであんまり落ち着いてない, 赤道儀のバランスが取れていなかったので微動ハンドルが重かったとか, そこら辺を改善すれば何とかなるかも.

次回もうちょっと条件の良い時に再度挑戦予定.