風来坊@真幸福知

出雲市 福知寺 行事ご案内 坐禅会 日記 テクノロジー English Zazen session technology Korean 한국어 참선 묵조선 텍놀로지

アンドロメダ銀河M31 (2019/1/27)

夕方わんこの散歩をしていると快晴. 満月は1週間前なので夜半までは月明かりは無し, それに携帯のYahoo天気は夜半近くまで晴れマーク, こうなってしまうと, そそくさと機材を車に積んで某ダムの公園へ出かけるしかなくなる(笑)

ところがいざ撮影を始めると空は思ったより早く薄雲に覆われてしまって... 収穫は1ショット.

f:id:cheonghongsa:20190128160727j:plain

(Fujifilm X-E2 ISO3200 RAW 30秒, Nikkor 200mm F4開放; darktableでPNG(16bit)に変換してからSirilで18枚スタック, JPGにした後でGimpで階調調整)

前回と比べるとISOを3200にして30秒露出でできるだけたくさん撮ってスタックしてみた(18枚)が, 結果は...多少良くなったか?あまり変わらない? 雲が出てきてあまりたくさん撮れなかったし, 高空の薄雲のため?透明度が最高というわけではなかったかも.

条件がよければもう少し行けるんじゃないかと思うが... 今シーズンのM31はすでに夕方には天頂より西にある. 再挑戦は夏過ぎかな...

最近, 観望会のことを考えたりして眼視用に15cm反射望遠鏡(若い頃夢だったが最近は3万円くらいでいいのがある)の購入に踏み切ったりしているが, 撮影に欠かせない赤道儀(最近は2軸モータ付で自動導入とかオートガイダーとか普通らしい@_@;)の方は高価なので容易に手が出せない. まだまだ続く"手動ガイド, 200mmレンズ"による挑戦" :-)

デジタルカメラ使用というのを除けば, 40年前の天文マニアの化石かもしれん(笑) 山奥の公園で真夜中にそんなのが居たら亡霊と思われるかも(笑)

ミラ望遠鏡も手動マニア?