風来坊@真幸福知

出雲市 福知寺 行事ご案内 坐禅会 日記 テクノロジー English Zazen session technology Korean 한국어 참선 묵조선 텍놀로지

突然の来訪者は古墳マニア?

f:id:cheonghongsa:20181208172945j:plain

今週の初めは暖かかった天気が後半は急に寒くなり今日は木枯らしが吹いて時折雪が舞う~山陰の冬~. 室内でヌクヌクと仕事(?)をしていると突然の来訪者が...

山登り風の格好をしてカメラなどを抱えたお二人. お寺の後ろの丘にある横穴古墳を見たいのだという. 取り敢えず案内する.

荒れとるだろうなぁ...と思いつつ登って行くと, 案の定シダやら何やらで斜面が覆われてどこに横穴があるのか見えない始末TT. まあ確かここらへん..と見当を付けてシダをかき分けて入ると...

なんとか無事見つかる. 5つほどの横穴が同じレベルで横に並んでいる. (もっとたくさんある)

調査始まる. 

f:id:cheonghongsa:20181208175237j:plain

おおっ, スゴく広い...と歓声が(笑).

f:id:cheonghongsa:20181208175315j:plain

実は今まで私は入ったことがない. これは入ってみないわけには...と潜り込む. 若い頃の18年+最近の数年ここに住んでいて初めて見る穴の中.

 f:id:cheonghongsa:20181208172724j:plain

不思議な壁画? 十字架もある. 隠れキリシタンが住んでた?

両氏の話によると, 後世になって誰かが壁に祭壇みたいなものを作って仏像を祀ったりしたケースもよくあるとのこと. この穴にもそういう感じの壁の切り欠きがあったり, 隣の穴とつながる通路(掘っていて開いちゃった穴か?)があったり...

f:id:cheonghongsa:20181208172733j:plain

f:id:cheonghongsa:20181208172741j:plain

この方々, 大学か何かの調査かと思って聞いてみると, 「古墳にコーフン協会」(Webサイト↓↓)で福岡と岡山からこられたT氏とF氏とのこと.

kofun.jp考古学の専門家の方も含む古墳愛好家(?)の全国的な会のようだ. T氏のブログ↓↓

blog.livedoor.jp

当寺の後ろも含めて真幸が丘の周囲にはいくつか横穴群があり, 神門横穴墓群と呼ばれているらしい. 朝課(毎朝の勤行)で遠い先祖の古墳群の精霊にも回向しているんだけど, しばらく裏山に入っていない(タケノコシーズンと正月前のウラジロ採りくらいしか行かない)し, 思えば今まですぐ近くにいながら古墳に興味を持って接したことは皆無. ご先祖様が多少は関心を持てぃ!!と, この方々を遣わされたのだろうか...などと思ったりする.

<合掌>

 PS 壁画の件, 後で方丈様に問うたところ, 昔(昭和20年代か?)は子供の遊び場だったけん落書きがいっぱいあーだろう...とのこと.