風来坊@真幸福知

出雲市 福知寺 行事ご案内 坐禅会 日記 テクノロジー English Zazen session technology Korean 한국어 참선 묵조선 텍놀로지

只管打坐(シカンタザ)とマインドフルネスとの対話

f:id:cheonghongsa:20180521134957j:plain

"只管打坐とマインドフルネスとの対話~一仏両祖が目指した坐禅とは~" (曹洞宗総合研究センター, 2018)

という本があったので読んでみた. 曹洞宗こころの問題研究プロジェクトが2016年に開いた同名のシンポジウムの記録.

日本テーラワーダ仏教協会 アルボムッレ・スマナサーラ長老, 早稲田大学 熊野宏昭教授, 曹洞宗国際センター所長(当時) 藤田一照師による対談.

今流行っているらしい「マインドフルネス」, 坐禅, それからヴィパッサナーとかサマーディとかの瞑想はそれぞれどういうものなのか, とか何が違うかという話が続くが, あまり細かいことは読んでもすぐ忘れてしまう....

その中で, スマナサーラ長老のお話にこんなのがあった.

... 私のこころに浮かんだのは「宗教を捨ててしまえば問題ないでしょう?」という言葉でした. 例えば, 皆様方は曹洞宗に属している, 私はテーラワーダ仏教に属している. この二つとも捨ててしまえばいいのではないでしょうか? キリスト教やらイスラム教やら, あれやこれやと, そういう被り物に邪魔されて, 我々は真理を知ることができなくなってしまっているのです.

さらに

... 真理は真理なのですね. 地球が丸いことに宗教は関係ありません. 科学も関係ありません. 物理学者と化学をやっている人で事実が変わるわけがないでしょう. 

かなり同感. 私自身いろいろな宗教家の方のお話を聴く時にたまに鼻につくな...と感じてしまうところが「◯◯教では...」「◯◯教徒として...」という言葉遣いである. 子供の頃から普遍的なものには関心があるが, 「国家資格」とか「◯◯教の教え」にはほとんど興味がわかないのは変わっていない.

結局, いろいろ細かい方法論とかの違いはあるけど「まあ坐ってみよう」と落ち着いて何もしないで座っている「時間」を確保してみましょうってことでいいんじゃん? と思ったりする. それをある程度続けてみることが, 不安やストレスを軽減して健康に生きるために助けになったり, 結果としてもっと深い問題の答えが見つかったり, 人となりが善くなったり, 効果があるから二千年も続いて伝統になっているわけでしょうし.

一方で, 現状を見ればそれだけで世界が平和になるわけでもなさそうなので, 伝家の宝刀のごとくあまり大げさに振りかざすのも... いや, 釈尊坐禅してこそ悟られたのだとするとやっぱり伝家の宝刀なのかな...

まあ, 心当たりのある方, やってみません? 坐禅. まずは実験のつもりで :-)